何でも屋ってどんな仕事をするの?

何でも屋という仕事の経験

何でも屋という仕事の経験

人生の中でいくつかの仕事を経験しておくことは良いことだと言えます。
数多くある仕事の中でも、何でも屋はより多くの経験を積むことができる仕事ではないでしょうか。
何でも屋に依頼することができる仕事としては、換気扇や排水溝などの面倒なところの掃除、ペットの散歩、引越しの手伝い、結婚式の代理出席など依頼者が頼んできた仕事を可能な限り行います。
そのため、掃除代行の業務では汚れの落とし方を身に着けることができ、自宅の掃除をする時にも技術を活かすことができますし、ペットの散歩や結婚式の代理出席では、普通の人ではなかなか体験することのできないものを仕事として経験することができるため、その中で学べることも多いはずです。
また、何でも屋で数多くの知識や技術を身に着けることで、どのような仕事が自分に合っているのかだんだんと分かってきたり、経験を生かして何でも屋を開業することも可能なので、必ず今後の人生の役に立ちます。

流行る何でも屋の設立・運営について

起業意欲はあるが肝心の技術がない方が、まず思いつくのは何でも屋ではないでしょうか。
若い方が利用することは殆どありませんが、高齢者世帯の多い地域では、必要不可欠な職業になっています。
20年後には超高齢化社会を迎えますので成長産業での1つです。
自営業として設立する場合、税務署に届け出れば開業できます。
人を雇わない限り会社組織にする必要はありません。
自宅事務所で活動を始めるほうが設立費用を最小限に抑えられます。
お年寄りは業者を選ぶにあたってWebを使いこなしていませんし、頼れる存在としての何でも屋は、気心の知れた相手を選び、リピート率は100%に近いものになります。
近くに寄ったら気軽に声をかけてくれる存在になることで紹介も増えていきます。
電球交換から水まわりの修理等、日常生活のありとあらゆる仕事を引き受けることになりますが、商売として成り立たせる為には、移動時間を短縮する工夫が必要です。
「月曜日は●●地区」といった宣伝も良いでしょう。
料金は高齢者世帯の場合、時間2、000円前後+実費が相場です。
ポスティングをしながら挨拶まわりを行い、電球交換や重い荷物を2階から1階に降ろすといった軽作業を100円で受けている方もいます。
無料で行うと逆効果です。
気軽に頼み難くなりますので、缶コーヒー代程度をきちんと頂くほうが良いでしょう。
顧客を一定数抱えると、新たな商売に発展させることもできます。